ブログ|東長崎で歯科をお探しの方はとどデンタルクリニックまで

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:30~18:00
休診日:月曜・日曜・祝日

〒851-0116

長崎県長崎市東町2076-1 K office 1F

tel. 095-894-4550
  • 地図
  • メニュー

「6歳臼歯」はむし歯になりやすい?

皆さんこんにちは。

とどデンタルクリニックです。

 

子どもが6歳になる頃に生えてくる歯のことを、一般的に「6歳臼歯」といいます。しっかり噛むうえで大切な歯なのですが、むし歯になりやすいという傾向があります。

 

6歳臼歯とは

乳歯の奥歯の後ろに生える歯で、正式には「第1大臼歯」といいます。小学校に入る年齢の6歳を中心に、4歳半~9歳あたりに生えることから「6歳臼歯」ともよびます。永久歯の中で1番大きく、噛む力も強いという特徴があります。

この歯が生えると上下のかみ合わせや正しい歯並びが決まってくるので、非常に重要な歯といえます。

 

なぜむし歯になりやすいのか

6歳臼歯は、生えてから1年以内に約50%がむし歯になるといわれています。1番奥に生えてくるので、生え始めたことに気づかずに歯磨きをしていないことがあります。また、生え始めのときは手前にある乳歯の方が大きいので、歯ブラシが届きにくく、磨きにくいことも原因の1つです。

さらに、6歳臼歯は歯の溝が深く複雑な形をしています。そこに磨き残しなどが溜まりやすく、むし歯になりやすいのです。

 

むし歯予防のためにできること

6歳臼歯のむし歯を防ぐには、歯磨きの際にフッ素入りの歯磨き剤を使いましょう。フッ素には、歯の質を強くするはたらきがあります。仕上げ磨きのときには、歯ブラシを6歳臼歯のかみ合わせの面にあてて細かく磨くようにします。

むし歯リスクが高くなるので、だらだらと長時間食べたりすることはやめ、間食も1日1回をおすすめします。

歯科医院では、フッ素を塗ってむし歯を防ぐケアをしています。また、歯の溝をフッ素入りの樹脂で埋めて磨き残しが溜まるのを防止する「シーラント」という処置も行っています。定期的に歯科医院で歯のチェックをすることも、むし歯予防につながります。3ヶ月に1回程度は歯科検診に行きましょう。

 

まとめ

6歳臼歯が生えてくる頃は、乳歯が抜けてほかの永久歯も生え始めます。この時期に1本でもむし歯になってしまうと、お口の環境がむし歯になりやすい状態になってしまいます。これから生涯使う永久歯を守るためにも、6歳臼歯のむし歯には注意しましょう。

東長崎の「とどデンタルクリニック」では、むし歯予防はもちろん、健康なうちからの定期的な歯科検診で、お子様の歯を守るケアを行います。お子様の仕上げ磨きについてのご相談なども「とどデンタルクリニック」までお気軽にご相談ください。