ブログ|東長崎で歯科をお探しの方はとどデンタルクリニックまで

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:30~18:00
休診日:月曜・日曜・祝日

〒851-0116

長崎県長崎市東町2076-1 K office 1F

tel. 095-894-4550
  • 地図
  • メニュー

こどもの歯科検診はいつから?

皆さんこんにちは。

とどデンタルクリニックです。

 

歯科検診は大切だと思っていても、お子様の歯科検診はいつから行けばいいのかお悩みの方も多いかと思います。お子様の歯科検診についてご説明いたします。

 

始める時期、タイミング

初めて歯科検診に行くのは、歯が生え始めたときがベストのタイミング。生え始めの乳歯は未熟でむし歯になりやすく、なってしまったら速く進行してしまいます。

その後は、1歳半~3歳頃の乳歯が生えそろったときも歯科検診を受けるよいタイミングです。適切なブラッシング方法を保護者の方が身につけ、おうちで実践してください。

永久歯に生え変わる6~12歳も定期的に歯科検診を受けましょう。歯が抜けたりしてお口の状況が変わりやすく、歯磨きがしにくくなります。むし歯リスクが高まるうえに、生え始めの永久歯はむし歯にかかりやすいので注意が必要です。

 

歯科検診の内容

歯科検診では、適切なブラッシング方法についてお伝えします。毎日の歯磨きは、正しい知識と方法を身につけてから行うと歯を守る効果が上がります。成長段階によって歯磨きの際に気をつけるポイントも異なるので、定期的な歯科検診で学んでいきましょう。

歯の再石灰化を促し、歯の質を強くするフッ素塗布も行います。歯の表面にフッ素を直接塗るだけで初期のむし歯を改善し、予防の効果も期待できます。歯の溝が深い部分には、フッ素コーティングされた歯科材を埋める「シーラント」の処置も可能です。これにより、磨き残しが歯に溜まってしまうことを防ぎます。初期のむし歯を発見したら、進行を止めるはたらきのある「サホライド」という薬を塗ることもあります。

また、不必要な歯が生えてきているときは抜歯をしたり、歯が生えそろうためのスペースが少ないときは顎を少しずつ広げる「床矯正」をしたりすることがあります。

 

自宅でも気をつけたいポイント

おうちでできる最も効果的なケアは歯磨きです。乳歯が生え始めたときは、歯ブラシではなくガーゼや綿棒で歯の汚れを拭き取ってください。上の前歯4本が生えそろったら、歯ブラシを使い始めます。

乳歯の時期は、大人の仕上げ磨きが重要です。歯ブラシが届きにくい奥歯は、ガーゼや綿棒で拭いてあげてください。6歳臼歯が生える頃は自分で歯磨きをするお子様が多いと思いますが、やはり大人の仕上げ磨きが必要です。特にむし歯になりやすい6歳臼歯をはじめ、その周辺の歯も気をつけて確認してください。歯の間の歯垢を取るために、デンタルフロスなどのケアグッズを使うのもよいでしょう。

 

まとめ

こどもの未熟な歯を守るためには、保護者の方が注意深く見てあげることと、歯科医院での定期的な検診が大切です。東長崎の「とどデンタルクリニック」では、お子様のお口の様子を注意深く見て、必要と思われるケアをご提案いたします。