ブログ|東長崎で歯科をお探しの方はとどデンタルクリニックまで

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:30~18:00
休診日:月曜・日曜・祝日

〒851-0116

長崎県長崎市東町2076-1 K office 1F

tel. 095-894-4550
  • 地図
  • メニュー

入れ歯の種類について

皆さんこんにちは。

とどデンタルクリニックです。

 

歯を失った際には、まず「入れ歯」という選択肢が頭に思い浮かびますよね。

 

入れ歯ならいろいろな形に設計できますし、保険も適用されます。

 

そんな使い勝手の良い入れ歯は、主に2つの種類に分けられることをご存知でしょうか?

 

今回はそんな入れ歯の種類についてわかりやすく解説します。

 

失った歯の本数で治療法が決まる?

むし歯や歯周病などで歯を失った場合、何らかの方法で欠損部を補わなければなりません。

 

その際、治療法の選択のポイントとなるのは、失った歯の本数です。

 

歯を1本だけ失ったのであれば、ブリッジやインプラントなどが適しています。

 

もちろん、喪失が1本の場合でも入れ歯を選択することはできますが、最善といえるかどうかはケースによって異なります。

 

つまり、入れ歯を選択するのは、基本的に複数本の歯を失った場合といえます。

 

部分入れ歯の適応症

入れ歯は大きく、部分入れ歯総入れ歯の2種類に分けることができます。

 

部分入れ歯は、その名の通り部分的な歯列の欠損を補う装置で、原則的には1本以上の歯を失ったケースに適応されます。

 

ただし、残った歯に支えを求めることから、すべての歯を失ったケースに歯適応できません。

 

そんな部分入れ歯は、人工歯と歯茎やお口の粘膜に相当する「義歯床(ぎししょう)」、それから残存歯にひっかけるクラスプから構成されています。

 

総入れ歯の適応症

総入れ歯は、すべての歯を失ったケースに適応される治療法です。

 

人工歯と義歯床からなる装置です。

 

口腔粘膜に吸着させることで固定するので、部分入れ歯のような留め具は存在していません。

 

総入れ歯は、比較的ズレたり、外れたりしやすい装置なので、精密に製作した上で、適切な調整を加えていくことが大切です。

 

まとめ

このように、入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。

 

それぞれ適応症から装置の構成まで異なりますので、大まかにその違いを知っておくと良いかと思います。

 

そんな入れ歯治療についてさらに詳しく知りたい方は、とどデンタルクリニックまでご相談ください。

 

入れ歯治療に関する疑問にお答えします。