むし歯治療|東長崎で歯科をお探しの方はとどデンタルクリニックまで

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:30

★:土曜午後は14:30~18:00
休診日:月曜・日曜・祝日

〒851-0116

長崎県長崎市東町2076-1 K office 1F

tel. 095-894-4550
  • 地図
  • メニュー

むし歯とは

むし歯とは、「お口の中に住んでいる細菌が作り出した酸によって、歯が溶かされていく病気」です。一度むし歯になると、歯をしっかり磨いても徐々に悪化していきます。 むし歯治療では悪くなった箇所を削るため、悪化すればするほどたくさん削ることになります。天然の歯を残すためには、毎日歯をきれいに掃除し、むし歯ができても早めに治療を始めることが大切です。 当院では歯をなるべく残せるように、できるだけ削らない治療を心がけています。

むし歯とは

可能な限り「削らない」治療を心がけ、
治療後は再発しないように予防に力を入れています

歯をできるだけ削らない理由

歯をできるだけ削らない理由

少し前までは、むし歯を取り残さないように多めに歯を削るのが当たり前でした。 ところが、歯を多く削って詰め物を入れても、時間が経つと詰め物が歪んだり取れて、むし歯を再発しやすくなります。こうしてむし歯治療を繰り返すうちに、歯をどんどん削られていき、歯を早く失うことになってしまいます。 また、初期段階のむし歯は、歯が白く濁った色になるだけで穴は開きません。最近は、この段階であれば削らなくてもフッ素塗布や歯磨きの徹底で、自然に治せることがわかってきました。 そのため、現代では歯を守るために「できるだけ歯を削らない」治療が正しいと言われています。当院でも、患者さまに天然の歯を長く使っていただけるように、できるだけ削らない治療を心がけています。

歯を削らないメリット

できるだけ歯を削らない治療をすると、
次のメリットがあります。

●歯の寿命を守れる

歯を失っても治療で補うことはできます。それでも使い心地は天然の歯がもっとも勝っています。 当院ではむし歯の悪化を防ぐために、穴が開いていたりやわらかくなった箇所はしっかりと取り除き、歯色が変わっただけの初期むし歯はフッ素塗布や歯磨き指導だけで治療しています。 また神経を取った歯は、できるだけ削らないことで歯の厚みを保って長持ちするようにいたします。

●むし歯が再発しにくい

詰め物や被せ物は歯科用セメントで歯にくっつけますが、時間が経つと劣化して歯と詰め物・被せ物の間にすき間ができてむし歯になりやすくなります。 そのため、初期のむし歯はできるだけ削らないことで、再発を減らしています。

むし歯にならないために

むし歯治療が終わって健康な歯とお口を取り戻しても、もとの生活に戻って月日が経つと、むし歯が再発することがあります。そのため、治療後の歯のお手入れや歯科医院でのメンテナンスを続けることは大切です。 定期的に当院にご来院いただくことで、治療後の歯や歯ぐきのチェックやメンテナンス、歯のクリーニング(PMTC)を受けていただけます。また、ご自宅で十分にケアができるように、歯磨き指導も行っています。 ご自宅での毎日の歯磨きと歯科医院での予防・メンテナンスを続けて、清潔なお口を維持し、歯とお口の健康を守っていきましょう。

むし歯にならないために